池本幹雄がBORUTO/ボルト連載へ!幻のデビュー作「COSMOS」とは?そもそも誰? | 毎日空を見上げて

池本幹雄が「BORUTO-ボルト-」連載へ!幻のデビュー作「COSMOS」とは?そもそも誰?

池本幹雄氏の作画で、NARUTO(ナルト)の息子「BORUTO-ボルト-」を主人公にした漫画が週刊少年ジャンプに毎月1回連載されます。
(2016年春スタート予定)
ところで、池本幹雄氏とは誰でしょうか?
余り聞かない名前です。
気になりましたので調べてみましたが、
知る人ぞ知る「COSMOS」の作者でした。

*池本幹雄とは?

調べてみると、ナルトの作者”岸本斉史”さんのチーフアシスタントさんでした。

ナルト連載開始からアシスタントとして働きます。

それから連載終了までの15年間、池本幹雄さんは岸本斉史さんの片腕として働きました。

19才ぐらいからアシスタントをします。

いまでは、35才ですね。

その間、ずっと岸本さんに寄り添い、ナルトワールドを支え続けました。

*池本氏の幻のデビュー作「COSMOS」

「COSMOS」は、1997年30号と1999年20号だけに少年週刊ジャンプに掲載されました。

当時、ジャンプ史上最高傑作の読み切り!とまでいわれました。

いまでは”幻の漫画”といわれています。

97年に初掲載された「COSMOS」は、池本さん17才の時でした。

この漫画なにがすごいのか?

なんと、たった2作品しか掲載していないのに、
ウイッキペディアに「COSMOS」の解説ページを持っていました。

ちなみにウイッキペディアには作者の池本幹雄さんのページは、ございません!!!

それだけ、「COSMOS」ファンがいるということです。( ・_・;)

「COSMOS」のあらすじ

ウイッキペディアより引用します。

秩序の消えた混沌の街「クレスタウン」。麻薬と暴力がはびこるカオスな街で、少年たちは気の合う者同士、徒党を組んで喧嘩に明け暮れていた。彼らは街の鼻つまみ者でしかなく、「愚者(フール)」と呼ばれてボス達の首には多額の賞金がかけられていた。その中でも、チーム「キャンディ」を仕切る少年バド・ワイザーには「一千万」という破格の値がつけられていた。賞金のためには人を殺すことも厭わないバド・ワイザーだったが、純情な少女ナイーブとの出会いにより心境に変化が生じ始める。

ウイッキペディアより引用しました。

週刊少年ジャンプにしては、ちょっと濃い設定です。
どちらかと言えば、青年誌に向いている題材でした。

これを17歳の時に、執筆します。

そしてその気になる絵はこちらです。

COSMOS

17歳が書く絵ではないですね。

スポンサーリンク
レクタングル大

*池本氏の葛藤!!

岸本さんの片腕として活躍してきましたが、
これだけの画力があります。

当然、「独立」を考えたはずです。

ですが、独立出来ませんでした。

なぜか?

大きな理由は、

岸本斉史さんが手放してくれなかったから!!

でした。

なんでも、岸本さんはアシスタントを少数精鋭で廻しているそうで、
4~5人で週刊誌の連載をもっていたそうです。

少数精鋭ですので、各個人の作画の技量の高さが求められました。
絵の技術の無い人間は、アシスタントチームに入れませんでした。

池本さんも辞めたい。と何度か切り出したようですが、
辞める条件の「代わりを見つけてきてね!」が成し遂げられませんでした。

17歳で天才と言われ、連載当初からずっとアシスタントをしていた池本さんの代わりなど、いるはずなかったのでした。

*なぜ池本幹雄作画なのか?

ナルトの連載が終わり、池本さんもチーフアシスタントから解放されたはずでした。

ですが、岸本さんの次回作(未定ですが構想はあるはずです)でも、チーフアシスタントを務めることになるでしょう。

岸本さんやジャンプ編集部から見れば、池本さんにアシスタントを辞められては困ります。

かといって自分の名前(作者=池本)で作品を世に出さないのも悔いが残ると思います。

なので今回、月1回の連載という変則技で執筆することになったのではと個人的には思います。

月1回連載なら、アシスタントを辞める必要も無いし、池本さん個人の希望=自分の名前で作品を世に出す。も叶えられます。

なんとなくこうではないか?と思いました。

ここは、私個人の意見です。

この点、ご了承ください。m(__)m

*果たして池本流のボルトの絵はどうなるのか?

池本幹雄 ボルトのカット図002

池本幹雄による「BORUTO-ボルト-」のティザーカット
出典:twitter.com

池本さんの書くナルトは、「アメリカンコミック調」といわれています。

岸本さんよりも、顔つきがシャープな感じを受けます。
特に、目つきが決定的に違うように感じますね。

眼光鋭い!大人びた目のように感じました。

この絵が漫画になり紙面で動き出すとどうなるのか?

楽しみでも有りますが、不安でもあります。

*最後に

ボルトですが、

脚本は小太刀右京(こだち うきょう)さんです。
作画が池本幹雄さん。
原案と監修は岸本斉史さんが務めます。

小太刀右京さんですが、
ゲームデザイナー、ライター、小説家だそうで、
マクロスFのノベライズや機動戦士ガンダムAGEのノベライズを手がけています。

ボルトですが、どうしても「ナルトの意志を継ぐ作品」と、捉えてしまいます。
これ、ハードル高いですね。

どの様な、世界を見せてくれるのか?

良い意味で期待を裏切って欲しいです。m(__)m

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加