軽井沢(碓氷バイパス)のバス事故ですがギアはニュートラルでした。何が問題なのでしょうか? | 毎日空を見上げて

軽井沢(碓氷バイパス)のバス事故ですがギアはニュートラルでした。何が問題なのでしょうか?

軽井沢(碓氷バイパス)のバス事故でギアがニュートラルにはいっていたと判明します。
またブレーキそのものには問題が無いと判明しました。
ギアがニュートラルでなぜ問題なのか?
調べてみました。

高速バス

*まずギアがニュートラルとはどのような状態か?

最近の乗用車はAT(オートマチック)車が多いので、MT(マニュアルミッション)車の扱いに慣れていない方が多いと思います。
ミッションの変更(=ギアチェンジ)も余り意識しませんね。

ニュートラルとは、エンジンとギアがつながっていない状態をいいます。

これでなにが問題なのか?

下り坂でエンジンブレーキが全く効かなくなります。

*バスのブレーキには3つのブレーキがあります。

バスの速度を落とすには、3つのブレーキを使い分ける必要があります。

3つのブレーキは次のブレーキです。

1.フットブレーキ
2.エンジンブレーキ
3.排気ブレーキ(エンジンブレーキの補助)

1.フットブレーキ

通常使用するブレーキですね。
ですが、坂道で長いことフットブレーキを踏み続けると熱を持ちブレーキが利かなくなります。
このブレーキが効かないことを「フェード現象」と呼ばれています。

なので、フェード現象が起きないようにフットブレーキと合わせて使用するのがエンジンブレーキです。

2.エンジンブレーキ

エンジンはギアを繋いだ状態なら走行の抵抗になります。
(アクセルを踏まない時のことです)

その抵抗を利用してスピードを落とします。
スピードを出したくとも、在る一定以上のスピードが出ないです。

坂道を下るときに特に有効です。

3.排気ブレーキ(エンジンブレーキの補助)

排気菅の一部を閉じることにより、排気圧力(排気抵抗)を増やすことによりエンジンの回転抵抗を増やします。
結果として、スピードの増加を抑制します。

排気圧力が一定以上の圧力になるとバルブの一部が自動で開き、排気菅の消音器へガスを逃がします。
これでエンストを起こさないようにしています。

◇なぜエンジンブレーキと排気ブレーキを兼用するのか?

大型バスやトラックに使われているディーゼルエンジンは、もともとエンジンブレーキが利きにくい構造だそうです。

なので、エンジンブレーキの効き目を補助する為にもうけられています。

通常、排気ブレーキはスイッチ一つで効くそうです。

◇ギアがニュートラルの位置では効き目がありません。

エンジンブレーキも排気ブレーキもギアがニュートラルの位置では効き目がありません。

排気ブレーキのスイッチが入っていてもブレーキ効果が無いです。

スポンサーリンク
レクタングル大

*軽井沢の碓氷バイパス、バス転落事故はギアがニュートラルでした。

問題のバスですが、ギアがニュートラルだった事が判明しています。
また、ブレーキに故障がなかったことも判明しています。

エンジンブレーキは、速度が出すぎていると入りません。
ギア比(=回転数)が合わないと減速したくても出来ない状況になります。

なので、今回も速度が出過ぎでギアが入らなかったと思われます。

ちなみに、最近のバスはコンピューター制御でギアをいれるそうです。

速度が合わないとギアが壊れます。
なので、4速や3速の位置にギアが入っていたとしても、車体の速度が合わないとコンピューターが自動に判断してギアの接続をしないそうですよ!
(全てのバスやトラックがこのとおりではございません)

◇なぜ、ギアがニュートラルだったのか?

本当のところは解りません。
ですが推測は出来ます。

道路下に転落する250m手前の防犯カメラにそのヒントがありました。

そのカメラには、S字のカーブを時速約80kmで蛇行しながら下っていくバスの姿が撮影されていました。

赤いブレーキランプは点灯したままです。

フットブレーキは踏んでいたことがこれから解ります。
また、S字のカーブでハンドルを切っていますので意識があったと思われます。

オーバースピードだったので、ギアが入っていなかったのかも知れませんね。

中型バスを長年運転していたと報道されています。
なので、下り坂でエンジンブレーキを効かせなくてはいけないことは知っていたと思います。


なのに、ギアがニュートラルだったのはなぜか?

まさかと思いますが、最新のバスはコンピューター制御でオーバースピード時、ギアが入らないことを知らなかった?ことはないのかと疑ってしまいました。

*最後に

事故をおこしたバスの運転手さんですが、65歳でした。
大型バスの運転がこの事故を起こした日を含めて4日目だったそうです。


大型バスは苦手ですと本人は自己申告していました。
それでも業務命令なら運転しないわけにはいきません。

難しい峠を運行道路に選んだのは運転手です。
運転手の責任が一番大きいのですが、会社の責任も大きいですね。

格安バスが全て悪い訳ではありませんが、私もたまに格安バスを使いますので考えさせられました。m(__)m

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加