ゼロの使い魔21巻発売へ!プロットとは?執筆者は?気になりました。 | 毎日空を見上げて

ゼロの使い魔21巻発売へ!プロットとは?執筆者は?気になりました。

「ゼロの使い魔」21巻が発売されます。(2016年2月25日発売予定・MF文庫J)
5年ぶりの新作ですが、原作者の「ヤマグチノボル」さんは、2013年に死去されています。
プロットが残されていたそうですが、誰が書いたのか?執筆者が気になります。

ゼロの魔法使いは、22巻で完結予定でした。
2011年2月に20巻の「古深淵(いにしえ)の聖地」が

最後の発刊になっていました。

[PR楽天市場]

2013年に原作者のヤマグさんが亡くなり、
続巻が絶望視されました。

作者が不在です。続巻は難しいと誰しも思いました。

ですがヤマグチさんも「ゼロの使い魔」は、
完結させたかったらしく、
物語のプロットを、関係者に渡していました。

今回ようやくそのプロットを元にして21巻目が書かれました。

ここで気になる点は、プロットと執筆者ですね。

*プロットとは?

プロットは、ストーリーと似ていますが全く違う物です。

プロットは、物語の要約といわれています。

この要約ですが、因果関係ともいわれていますね。

◇プロット
Aがあった。だからDがおこり結果Gになった。

・A→だから→D→だから→Gになった。

◇ストーリー
Aの次にB、Cが起こった。
なのでDが起こりました。
これがE、Fに続き結果Gになった。

・A→B→C→D→E→F→G

このようにプロットは、この要因がないと話がつながらない。
物語の要になる出来事のことを指します。

ヤマグチノボルさんは、21巻と22巻のプロットを残していました。
そのプロットを元に、書き下ろしたそうです。

*21巻は執筆が不明です。

21巻の最大の問題点は、文章スタイルですね。

プロットは要因です。
物語は、筆者が紡ぎ出さないといけません。
文章の雰囲気は、筆者独自のものです。

なので、話の世界観は引き継げますが、
雰囲気は引き継げるとは限りません。

21巻の作者の名前が公表されていないのは、
ここに原因があるからでしょうね。

出版社もこの21巻の執筆者も、ある意味「賭」だと思います。

話が良いだけでは評価してくれません。
それ以上の出来で無いと駄目です。

これハードル高いですよ!
ベテラン作家さんではないと思います。

新人作家の執筆なら面白いですね。
でも、お題がある作品は書けないでしょうね。

物語を構築できる中堅処の作家さんかな?

と個人的には思いました。
それは、誰?と言われると困りますが…..?(^^ゞ

誰にしても、21巻を引き受けた作者に敬意を示したいと思います。m(__)m

*まとめ

5年ぶりに続巻が発売されます。
待たれていた、ファンも多いと思います。

ファンを納得させることが出来るのかどうか?

22巻を出す為の試金石ですね。

追伸:
おそらく、21巻はそれはそれで楽しめると思いますね。
ですが、ファンが納得するかどうかは別問題です。

この試み、結果がどうなるか?
野次馬的に楽しみです。m(__)m

追記2:
一部では、執筆者は杉○光さんでは無いか?
との噂が流れています。

あくまでも噂です。

本当は誰でしょうか?(^^ゞ

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大