見城徹(幻冬舎)アナザースカイでハワイへ!闘志と投資がむちゃくちゃすごい!! | 毎日空を見上げて

見城徹(幻冬舎)アナザースカイでハワイへ!闘志と投資がむちゃくちゃすごい!!

見城徹氏(幻冬舎社長)が、アナザースカイに登場しました。(12/4)
ハワイが舞台です。
そのハワイでも闘志をむき出しにして、投資をしていました。

その投資額が桁違いでした。

*幻冬舎社長「見城徹」

見城徹氏は幻冬舎の代表取締役社長です。

幻冬舎は1993年設立です。
(幻冬舎は、出版社です)

見城徹

写真の引用元はこちらです。
今は本が売れないといわれています。

売れっ子、編集者だったのですが、
そんな中での独立でした。

無謀な挑戦と言われました。

ですが、創業22年で21冊のミリオンセラーを出しています。

2015年も年間ベストセラートップ10の内、4冊が幻冬舎の出版でした。

先見の明があるだけではなく、リスクも取っているのだと思います。
今週の番組では、編集会議の様子を流していませんでした。
アナザースカイでは珍しく「来週に続く」でした。

来週(12/11)放送で、編集会議の様子が映し出されると思います。

どの様にして、ヒットする本を生み出しているのか?
この辺にも興味があります。

*ハワイでの見城徹氏

ハワイに着くやいなや、まずは食料品の購入です。
現地のスーパー(オーガニックマーケット・ホールフーズ)で、滞在日数分の食料を自分で購入します。

1番最初に、ソイミルクバニラを購入していました。

なんでも、日本から持ってきた野菜ジュースの粉末を混ぜて飲むそうです。

移動は、専用のリムジンを使います。
もちろん、運転手付きです。

ハワイではホテルに泊まらず、現地の友人のマンションを借りて寝泊まりします。

このマンションですが、夕日が沈む海をリビングから一望出来る部屋でした。

waikiki-beach

その、日没の夕日を観ながら、プライベートシェフの作る料理を堪能していました。

このプライベートシェフですが、ハワイのセレブの間でも大変人気があるシェフだそうです。

シェフが作る料理を、ハワイのビジネス仲間と楽しんでいる所が放送されていました。

個人的に気になったのは、夕食に誘われたそのビジネス仲間の若い人達でした。
見たところ、日本人のようです。

何をしている人なのか?
夕日が沈む、綺麗なオーシャンビューを見ながら気になりました。
(この仲間の事は、一切言及せすでした)


こうして、ここだけ観ていると、少々嫌みに聞こえますが、
見城徹氏は、ハワイでそれだけのリスクを取っていました。

*ハワイに通う本当の目的

見城氏ですが、年に4回ほどハワイに訪れます。
目的は、息抜きもあるのですが、大半は投資の為でした。

なにに投資しているのか?
マンション開発に投資していました。

よく、「個室を買い取って賃貸に出す」
事を投資といいますが、見城氏のそれは桁が違いました。

なんと、マンションの開発そのものに、投資していました。
いわゆる、デベロッパーという立場です。

それも、1カ所ではありませんでした。

2カ所同時にマンション開発に投資しています。
一つは高層の2棟あるマンションです。
もう一つは、街の真ん中にある低層マンションでした。

それらは、もちろん高級マンションです。

1つは、ホテル形式をとっています。

ホテル形式なのですが、オーナーが滞在中は自分で使います。

オーナーが使わない時は、ホテルの部屋として貸し出します。
(貸し出ししなくても可)
これ、ホテルコンド形式というそうです。

39階建て、2棟で全324戸です。

1ルーム、6千万円から18億円の高級ホテルコンド形式なのですが、
その1棟は、2016年の春に完成予定だそうです。

そして1棟はすでに完売しています。
もう一つの建設中の、低層マンションは、街の真ん中にありました。

2018年完成予定、8階建て、全215戸

4つのショッピングモールに、直結で行ける海岸ぞいの一等地に建築中でした。

その価格ですが1部屋、1億4千万円~33億8千万です。(^^ゞ
見城氏、投資額は最後まで言いませんでした。
ですが、「失敗すると破産する」ぐらいの投資額だと語っていました。

その投資をする前、契約書にサインするまでは、本当に悩むそうです。

ですが、それをやってしう決断がすごい!!と思いました。

出版社といい、デベロッパーといい、本当に闘志むき出しで挑戦しています。

これを観た後では、最初の夕日が沈むマンションでの夕食会も、「まあ当然だわ」と感じが変りました。

納得しましたね。

*最後に

見城氏はもう一つ、コールド・プレス・ジュース(*注)の専門店も買収して運営していました。

なんでも、本人がジュース付きで東京中のジュースを飲み歩いて、やっとであったのがコールド・プレス・ジュースのサンシャインジュースでした。

そのサンシャインジュースを現在は都内で5店舗出店しています。

ここでも、本気になった時のコミットの仕方がすごい!と、思いました。

何でも、やり通すその意志の強さが少々うらやましくも感じました。

次週は後編です。

編集会議の内容を暴露してくれることを期待します。(*^^)


*注:コールドプレスジュースとは?
野菜や果物を砕くのではなく、5トンの力で押し潰し作るジュースです。
利点は「熱が出なく、ビタミンが壊れない」そうです。
繊維質も混ざらない為、栄養分だけを効率的に吸収出来る。
といわれています。

追記(12/12)

先ほど、見城徹氏のアナザースカイの後編を見ました。

月二回行われる、出版会議ですが、面白かったです。

1000円、6000部

1000円、8000部

などと、独断で出版部数を決めて行きます。

出版数を相談すること無いそうです。

それは、「全責任を自分で負うから」だそうです。

また、3ヶ月先まで、夕食の予定が決っているそうです。

全て外食で、人と合う時間にあてているようです。

いつも、相手のことや次の出版の事を考えながら食事をしているので、

食事が本当に美味しくないそうです。(^^ゞ

なぜこんな、憂鬱なことをするのか?

見城徹氏曰わく、「憂鬱なことでなければ仕事ではない」そうだからです。

食事時間も貴重な仕事時間だということです。

*ハワイで投資をする理由は?

なぜ投資をするのか?の質問に、

「出版事業を守る為」

と答えていました。

出版事業はいつ赤字になるか解らない。

なので、他で利益を出す仕組みを作り、出版事業を最後まで守りたい。

が、本当の理由でした。

なぜ、ここまでこだわるのか?

それは、

「読書に助けられたから」

でした。

小学、中学時代いじめられっ子だったそうです。

今風にいえば、「協調性が無い子供」で、先生からも疎んじられていました。

その時に救ってくれたのが読書だったそうです。

「本を読むことは楽しい。だから編集者になった。」とも言ってました。

本は、人生を変えられることがある。

読者からの手紙(感想)でもそれを感じられる。

それが堪えられないそうです。

*最後に

ハワイに来ても、仕事のことで頭がいっぱいだそうです。

ですが、仕事のインスピレーションがどんどんわくそうで、

事務所に国際電話を頻繁にかけるそうです。

本が面白くなるからハワイに来る!!と最後閉めていました。

追伸:いつも来ているスーツですが50着ぐらい在るそうです。

オーダーメードらしいのですが、スーツの裏地はなんと全てアロハシャツでした。

結構、おしゃれな一面がのぞけました。

また、日本の事務所の廊下に畳み半畳ぐらいの書が飾られています。

そこには大きな文字で「正面突破」と書かれていました。

仕事に対する姿勢がうかがい知れ面白かったです。(*^^)

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大