一蘭(岡崎店)に行って来ました!メニューや味よりも店舗の造りにビックリ!店舗紹介編です! | 毎日空を見上げて

一蘭(岡崎店)に行って来ました!メニューや味よりも店舗の造りにビックリ!店舗紹介編です!

麺チェーン店総選挙で1位をとった一蘭のラーメンを食べてきました。味やメニューが気になると思いますが、店の造りにビックリしました。注文も独特です。初めての方が安心して利用出来る用に店舗の特徴をレポートします。

*味の方のレポーは次のブログに掲載します。

ブログ更新しました。味の感想編はこちらです。
一蘭(岡崎店)でラーメンを食べてきました。メニューやカロリーも気になりますが、本当に美味いのか?味の感想です!

一蘭 天然とんこつラーメン(創業以来)

*一蘭ラーメンのお店は独特すぎます!

外観は、赤い色を基調にしたど派手な建物です。緑と黒のラインがより派手さを演出していました。青空にはその赤が映えると思いますが、趣味が良いとはいえません。

一蘭 岡崎店 店舗全景 一蘭 岡崎店 入り口

私がおとずれたのは、平日の3時過ぎでした。(5/31・火曜日)
店はお昼時を過ぎていたので、すいていました。待つこともなく店内に入れました。

まず出迎えてくれたのは、食券の自販機です。
暗闇に浮かぶ食券機は、何だか神棚のようにも見えます。

一蘭 食券販売機

ここで、チケットを購入。
今回は、麺チェーン店総選挙で1位をとった「天然とんこつラーメン(創業以来)」と「半熟塩ゆでたまご」を注文。価格は、ラーメン790円+ゆでたまご120円=合計910円です。
ラーメン一杯にしては高いと思います。注文する品はお店に行く前から決めていました。

一蘭 メニュー

◇なぜ半熟塩ゆでたまごを注文したのか?

この半熟卵ですが、一蘭の公式HPに、

ゆでたまごは、口の中に残っている今までの味を全く無にし、次に口にする物の味を鮮烈にするという効果があるそうです。

とありましたので、それに習うことにしました。

一蘭 半熟塩ゆでたまご

*待合室からカウンター席へ

食券を購入後に入ったのは、待合室でした。食券のある通路のすぐ右奥が待合室でした。

一蘭 待合室

待合室には、一蘭のラーメンの秘密や電光掲示板がありました。

一蘭 待合室 説明書

この電光掲示板ですがサインの所が次から次に変ります。パフュームのサインが掲示板の中にあったのは驚きました。(写真撮れずです。すみません)

一蘭 待合室 電光看板

それよりも気になったのが、のれんと空席案内板です。
のれんの向こうに座席があります。この空欄案内板で開いている席を探して座る仕組みです。私が訪れた日は、一番奥のカウンターが閉鎖されていました。掲示板の一番左側、見事に「空」が並んでいますね。(笑!)

一蘭 空席案内板

一番の席が空いていたのでそこへ入りました。

カウンター席の部屋に入るとまたまた驚きが待っていました。

スポンサーリンク
レクタングル大

*一蘭「味集中カウンター」は特許取得をしていました!

中に入ってビックリしました!カウンター席が仕切り板で区切られています。そして、この一つ一つのブースの狭いこと!!
幅ですが目測で60cmぐらいしかありません。

一蘭 味集中カウンターの様子02

そして、このカウンター、ラーメン屋さんでは常識の、薬味もテッシュも荷物置き場(カウンターの下)もありませんでした。
鞄を引っかけるフックはあります。

私、狭いところ苦手です。事前に、調べて行ったのである程度かくごはしていましたが、ここまでとは!と正直思いました。

一蘭 味集中カウンター全景

◇店員さんの顔が見えません!

その上、カウンターの向こうにはすだれがかけられており、店員さんの顔が見えないようになっています。
店に入ってから異様に感じたのはここで、一般のラーメン屋さんに観られる威勢のいい店員の姿が、最後まで観られませんでした。

◇「味集中カウンター」とは?

そして、ラーメンが届くと、すだれが完全にしたまで下げられ、完全に視界が遮られます。
何でも、「味集中カウンター」というそうで、実用新案の特許までとっていたカウンターでした。

一蘭 味集中カウンターの様子

待合室の説明書にありましたが、目の前のラーメンだけに集中できるように、あえてこのような造りにしているそうです。

一蘭 味集中カウンター説明

個人的な感想を言わせてもらいますと、「私は、修行者ではない!」と本当に思ってしまいました!!

なんか、ラーメン道を極めようとしている修験者が精神修養をする為の個室のように感じてなりませんでした。

*一蘭は家族連れやカップルにはお勧めしません!

さて一蘭ですが、岡崎店はカウンター席だけです。いわゆる個室がありません。
お子さん連れの家族さんが行くのは少々、つらいと思いました。
お子さん用に、小さなお茶碗やホークは貸してくれるそうです。
でも、この窮屈なカウンターで子供達はじっとしていられないと思います。

ネットの情報ですが、他の店舗ではこのカウンターの仕切り板、倒せるお店もあるようです。3人席などができるそうなのですが、岡崎店は、固定の仕切り板のようでした。少々、残念ですね!

*最後に 2回行くか?と問われれば、答えは!!

とりあえず、店舗の紹介はこれで終わります。
肝心の味の紹介は次のブログで紹介しますので、良ければお付き合い下さい。(準備中です)

さて、一蘭さんですが2回目行くか?と言われると答えはノーです。
個人的には、ラーメンはもっと気軽に食べたい料理の一つです。
こんなに、暗くて狭いところでお金を払ってまで食事はしたくないです。
あくまでも、個人の意見です。この点はご理解下さい。

追記:ラーメンそのもの味は、大変満足のいくものでした。この点は、付け加えておきます。

*一蘭 味の感想編はこちらです
一蘭(岡崎店)でラーメンを食べてきました。メニューやカロリーも気になりますが、本当に美味いのか?味の感想です!

<店舗資料>

一蘭 岡崎店
〒444-2144 愛知県岡崎市岩津町川畔18-6

国道248号線ぞい 天神橋東交差点にあります。
昔の地図ではファミリーマートになっているかも知れません。

・電話番号:0564-45-3005
・味集中カウンター:33席
・テーブル席:なし
・個室:なし
・お子様もお食事できる環境(食器など)ございます
・駐車場:40台(内3台大型車対応)
・営業時間 10:00~23:00 年中無休

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加